遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています

遺言書の注意点

書き手の想いが詰まった遺言書。

でも、相続発生後に蓋を開けてみると、無効とされたり、役に立たないことも。遺言書がトラブルの原因になることも少なからずあります。

これでは遺言書の想いが叶わないばかりか、いっそなかったほうがよかったと言われかねません。

遺言書の失敗はまさに取り返しのつかいない失敗です。

遺言書を作るにあたっては、遺言書の失敗リスクを理解し、対策を講じるようにしましょう。

遺言書の失敗リスクと対策

主な失敗リスクとその対策です。

自宅保管の自筆証書遺言

リスク

遺言書が法的要件を満たしておらず、無効となる危険がある

対策

  • 専門家のチェックを受ける
  • 法務局の保管制度を利用し、職員のチェックを受ける
  • 公正証書にして、公証人のチェックを受ける

 

リスク

遺言書が紛失したり、誰かが改ざん、隠蔽する危険がある

対策

  • 法務局の保管制度を利用して、遺言書保管所に預ける
  • 公正証書にして公証役場に保管する

 

リスク

遺言者の遺言能力や意思の問題で、無効となったり取り消される危険がある

対策

  • 医師の診断書を取る
  • 遺言書を書いている様子をビデオに撮影する
  • 公正証書にして公証人と証人2人の確認を得る

 

リスク

遺言書の内容の問題で、遺言書が役に立たなかったり、かえってトラブルの原因になる危険がある

対策

  • 公正証書にして、公証人に相談する(文案がある程度まとまっているとき)
  • 行政書士、弁護士等の法律の専門家に相談する
  • 目的別の専門家に相談する(税金に関しては税理士に相談)

法務局保管の自筆証書遺言

リスク

遺言者の遺言能力や意思の問題で、無効となったり取り消される危険がある

対策

  • 医師の診断書を取る
  • 遺言書を書いている様子をビデオに撮影する
  • 公正証書にして公証人と証人2人の確認を得る

リスク
遺言書の内容の問題で、遺言書が役に立たなかったり、かえってトラブルの原因になる危険がある

対策

  • 公正証書にして、公証人に相談する(文案がある程度まとまっているとき)
  • 行政書士、弁護士等の専門家に相談する
  • 目的別の専門家に相談する(税金に関しては税理士に相談)

公正証書遺言

リスク
遺言者の遺言能力や意思の問題で、無効となったり取り消される危険がある

対策

  • 医師の診断書を取る

リスク
遺言書の内容の問題で、遺言書が使えなかったり、かえってトラブルの原因になる危険がある

対策

  • 行政書士、弁護士等の専門家に相談する
  • 目的別の専門家に相談する(税金に関しては税理士に相談)

遺言書の失敗は取り返しがつきません
自分で書く場合でも一度は専門家のチェックを受けましょう
オンラインで遺言の相談ができるweb遺言相談室はこちら