遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています

不動産を割合により相続させたいとき

私の所有する別紙1の不動産を、妻○○と長男○○に各2分の1の持分割合により相続させる。

不動産の共有はなるべく避ける

不動産を割合で分けるのは原則として、非推奨です。

複数の人が不動産を共有するので、売却や改修が難しくなるからです。

特に、母と子など、世代の異なる複数の相続人に相続させるのは避けたほうがいいでしょう。

ただし止むを得ない事情があったり、共有してもさほど問題ない場合もありますので、文例に加えています。

不動産について持分割合を指定して遺言した場合、相続が発生すると、不動産は共有状態になります。

なお、相続で取得したなどで対象の不動産がもともと共有持分であった、というケースもよくあります。この場合に遺言で割合により相続させたいときは、意図を明確にする目的で、「各2分の1の割合(共有持分各4分の1)」と記載することがあります。

分割して相続させたい場合

土地であれば、複数の相続人に分割して相続させれば、共有状態を回避できます。

そのためには土地を分筆する必要がありますが、遺言書の作成時点では分筆できない事情があったり、分筆手続きの時間が無いことも想定されます。

その場合は、希望する分筆線(どこで分けるか)を遺言書に書いておき、対象となる財産を特定することができます。

分筆線の基準の例として、「○○境界線の中央と○○境界線の中央を結んだ直線」や塀やフェンスなどの目印となるものを用いた分筆線が考えられます。

遺言書の失敗は取り返しがつきません
自分で書く場合でも一度は専門家のチェックを受けましょう
オンラインで遺言の相談ができるweb遺言相談室はこちら