遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています

特別受益について考慮したい

付言事項
すでに〇〇には住宅購入資金を援助しているので、その分を考えて公平になるようにしました。この趣旨をよく理解して、私の遺言を尊重し、兄弟で助け合っていってくれることを望みます。
遺言者は、長女〇〇および長男△△に対して行った次の援助を特別受益として考慮して、本遺言の相続内容を定めた。
(1) 長女〇〇 
 XX年X月X日に結婚資金として200万円
(2) 長男△△
 XX年X月X日に事業資金として800万円

特別受益を考慮して相続内容を決めたと遺言書に書いておくことで、相続人らが後でもめるのを回避できることがあります。

また、特定の子に対して、すでに遺留分を超える生前贈与を行っており、相続では何も相続させたくないというときには、これまでの生前贈与について具体的な贈与の内容を遺言書に明記し、遺留分の主張を行わないよう記載しておきます。あわせて生前贈与に関する資料を整理して残しておくとよいでしょう。

遺言書の失敗は取り返しがつきません
自分で書く場合でも一度は専門家のチェックを受けましょう
オンラインで遺言の相談ができるweb遺言相談室はこちら