遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています

預貯金を相続させる

口座ごとに分ける

私の持っている下記口座の預金を長男○○○○に相続させる。

○○銀行××支店 普通預金 口座番号 123456
私の持っている別紙1ないし別紙3の預金を長男○○○○に相続させる。

MEMO

口座の情報は手書きで書かなくても通帳のコピーを添付してもOKです。金融機関名、支店名、預金の種類、口座番号、口座名義がわかる部分をコピーし、署名押印をします。もしくはパソコンで作成した財産目録を添付してもOKです。

預貯金の残高は書く必要ありません。

口座ごとに割合で分ける

私の持っている別紙2の預金について、次のとおり各相続人の相続分を指定する。

長男 ○○○○  2分の1

長女 ○○○○  2分の1

預貯金全部を合計し、割合で分ける

遺言者は死亡時に有するすべての預貯金の合計額の3分の2を長男○○○○に相続に、3分の1を長女○○○○に相続させる。

最低限渡したい金額を確保する

遺言者は死亡時に有するすべての預貯金の合計額の3分の2を長男○○○○に、3分の1を長女○○○○に相続させる。

ただし、長男が相続する預貯金が○○万円以下になる場合は、○○万円を長男に相続させ、残額を長女に相続させる。

ゆうちょ銀行口座の記載例

通常貯金 記号 ○○ 番号 ○○

遺言書の失敗は取り返しがつきません
自分で書く場合でも一度は専門家のチェックを受けましょう
オンラインで遺言の相談ができるweb遺言相談室はこちら