遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています

不動産を配偶者に相続させる

私が持っている別紙1の不動産について、妻○○(昭和○年○月○日生)に相続させる。

 

MEMO

遺言書の本文に不動産の情報を手書きするのは大変です。
不動産の全部事項証明書(登記簿謄本)のコピーやパソコンで作成した財産目録を添付する方法がおすすめです。
添付書類には署名・押印を忘れないようにしましょう。


財産を残す相手が親族であれば、相手との関係性(妻、妻の弟など)を記載します。生年月日や住所は記載しないでもかまいません。

財産を残す相手が親族以外であれば、その人を特定できるよう、少なくとも生年月日と住所は記載しましょう。

 参考

遺言書の本文に不動産の情報を書くときは、特定できる形で書きます。
通常は、登記事項証明書の記載どおりに書きます。

登記事項証明書は法務局で発行してもらえます。

土地:所在、地番、地目、地積
建物:建物、家屋番号、種類、構造、床面積

登記済み権利書でも同じ情報を確認できます。

なお、未登記の建物については、固定資産課税台帳の情報を記載し、未登記である旨を付記します。

遺言書の失敗は取り返しがつきません
自分で書く場合でも一度は専門家のチェックを受けましょう
オンラインで遺言の相談ができるweb遺言相談室はこちら