遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています

配偶者に多く財産を残す

私はお母さんと結婚してとても幸せな人生を歩むことができました。若い頃は私の収入が少なく、お母さんにとても苦労をかけましたが、お母さんは懸命に私を支えてくれました。

お母さんへの感謝の気持ちとして、また、今後もお金に苦労しないで欲しいと願って、お母さんに多くの財産を残すことにしました。

私の気持ちを汲んで、【子X】と【子Y】はお母さんに対して遺留分侵害額を請求しないようにしてください。
財産はきょうだい3人が平等になるように分けました。残りの財産はお母さんに残します。少しだけお母さんの取り分が多くなるけど許して欲しい。
【妻X】が安心して暮らせるよう自宅は【妻X】に残し、子どもたちには偏りなく公平に分けたつもりです。

私の思いを尊重し、今後も家族仲良く支え合って暮らして欲しいと願います。

MEMO

付言ではメッセージを自由に残すことができます。「お母さん」という表現を用いても構いません。

ただし遺言書の本文では、妻○○や配偶者○○といった正式の名称を用いる必要があります。

遺言書の失敗は取り返しがつきません
自分で書く場合でも一度は専門家のチェックを受けましょう
オンラインで遺言の相談ができるweb遺言相談室はこちら