遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています

時価が変動する財産が含まれている場合で、相続人に均等に相続させたいとき

1 私は、別紙1の不動産を、長男【X】に相続させる。

2 私は、別紙2の不動産を、二男【Y】に相続させる。

3 私は、別紙3の預貯金を、【X】および【Y】に、両名が取得する不動産の相続税評価額と預貯金の合計額が等分になる割合により、それぞれ相続させる。

遺言書の失敗は取り返しがつきません
自分で書く場合でも一度は専門家のチェックを受けましょう
オンラインで遺言の相談ができるweb遺言相談室はこちら