遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています
CATEGORY

種類別

自宅を長男に渡し、他の子には長男から一定額を支払わせたいとき

主な遺産が自宅しかないのに、3人の子がいます。長男が同居しているため、自宅を長男に相続させ、他の2人の子には長男から一定額支払わせたいと思います。遺言にはどう書けばいいですか? 第1条 私の所有する別紙1の土地および別紙2の建物を長男○○に相続させる。 第2条 長男○○は、前条の土地及び建物を相続する負担として、長女○○および二女○○に対し、各金XXX万円を支払うものとする。

不動産の売却代金を分けて相続させたいとき

主な財産が不動産だけなので、それを売却して得た代金を分けて相続させたいと思っています。遺言はどのように書けばいいですか? 私は、私の所有する別紙1と2の不動産を換金した代金から不動産の処分に要する費用を控除した金額を下記のとおり相続させます。 妻X 8分の6長男Y 8分の1長女Z 8分の1 (中略) 私は、この遺言の執行者として妻Xを指定します。妻Xは、不動産の処分及び登記手続、並びに預貯金等の金 […]

まだ取得していない財産について相続する人を指定したいとき

私は、夫○○から別紙1の不動産を相続していたときは、当該不動産を長男○○に相続させます。 MEMO ご夫婦がそれぞれの財産を相手に相続させる遺言を同じタイミングで作成することはよくあります。 この場合、将来的にどちらか一方が先に亡くなりもう一方が相手方の財産を取得する可能性が高くなるため、予め遺言で対策ができます。 「財産を相続していたときは」という条件付きで、財産の受渡し先を指定します。 文例は […]

不動産を割合により相続させたいとき

私の所有する別紙1の不動産を、妻○○と長男○○に各2分の1の持分割合により相続させる。 不動産の共有はなるべく避ける 不動産を割合で分けるのは原則として、非推奨です。 複数の人が不動産を共有するので、売却や改修が難しくなるからです。 特に、母と子など、世代の異なる複数の相続人に相続させるのは避けたほうがいいでしょう。 ただし止むを得ない事情があったり、共有してもさほど問題ない場合もありますので、文 […]

国債

Case1 私が有する別紙1の国債を、長女○○に相続させる。 Case2 私が有する以下の財産を、長女○○に相続させる。 国債 第○回利付国債債券 額面 ○○万円 (以下省略) MEMO 国債については、証券会社から定期的に送付される取引報告書や残高証明書を別紙として添付する方法が簡便です(Case1)。 あわせて読みたい資料のコピーを添付する方法 本文に記載する場合は、Case2を参考にしてくだ […]

不動産を特定の子に相続させるときの付言

私が所有する不動産を【長女X】に相続させるとしたのは、長きにわたり【長女X】が住み続け、修理費等の費用もすべて【長女X】が払ってきたからです。 その代わりに【次女Y】には預貯金を多めに相続させることにしました。 完璧ではないかもしれませんが、私なりにできる限り平等にしたつもりです。 どうか私の意思をくみ、仲良く助け合って生きていってほしいと切に願います。

預貯金を相続させる

口座ごとに分ける 私の持っている下記口座の預金を長男○○○○に相続させる。 ○○銀行××支店 普通預金 口座番号 123456 私の持っている別紙1ないし別紙3の預金を長男○○○○に相続させる。 MEMO 口座の情報は手書きで書かなくても通帳のコピーを添付してもOKです。金融機関名、支店名、預金の種類、口座番号、口座名義がわかる部分をコピーし、署名押印をします。もしくはパソコンで作成した財産目録を […]

配偶者居住権を使いたい

1 私が持っている別紙1の不動産についての配偶者居住権を妻○○に遺贈する。 MEMO 遺言書の本文に不動産の詳細情報を手書きするのは大変なので、不動産の全部事項証明書(登記簿謄本)のコピーやパソコンで作成した財産目録を添付する方法がおすすめです。添付書類には署名・押印を忘れないようにしましょう。 配偶者居住権を取得させたいときは、「相続させる」ではなく「遺贈する」と書きます。 これは、「相続させる […]

債務や費用を引き継がせる

以下の債務及び費用は、○○に承継又は負担させるものとする。 1 私の未払いの公租公課及び入院費 2 私の葬儀、埋葬等の費用

株式を相続させる

Case1 私が所有する別紙2の株式については、夫○○に相続させる。 Case2 1 ○○証券○○支店の資産はすべて長男○○に相続させる。 2 △△証券△△支店の資産はすべて長女○○○○に相続させる。 Case3 私が所有する以下株式については、株数で各2分の1ずつ相続させる。端数は、○○に相続させる。 Case4 株式の特定 ○○株式会社普通株式(XX株) Case5 投資信託の特定 投資信託○ […]