遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています
TAG

おふたりさま

まだ取得していない財産について相続する人を指定したいとき

私は、夫○○から別紙1の不動産を相続していたときは、当該不動産を長男○○に相続させます。 MEMO ご夫婦がそれぞれの財産を相手に相続させる遺言を同じタイミングで作成することはよくあります。 この場合、将来的にどちらか一方が先に亡くなりもう一方が相手方の財産を取得する可能性が高くなるため、予め遺言で対策ができます。 「財産を相続していたときは」という条件付きで、財産の受渡し先を指定します。 文例は […]

配偶者に全財産を残すときの付言

子どもがいるケース わたし亡き後も【妻X】が生活に困らないようにわたしの財産はすべて【妻X】に遺すことにしました。 子どもたちはそれぞれ立派に独立しているので、遺産がなくてもしっかりやっていけると信じています。 わたしの思いを尊重して、家族仲良く幸せに暮らしてください。 子どもがいないケース きょうだいがいる わたし亡き後、【妻X】が生活に困らないよう、わたしの財産はすべて【妻X】に遺すことにしま […]

全財産を配偶者に残す

私は、全財産を夫○○に相続させる。 わたしは、一切の財産を妻○○に相続させる。 MEMO 子がいない夫婦の場合、きょうだいが法定相続人となりますが、きょうだいには遺留分がありません。 全財産を配偶者に残す旨の遺言書を書けば、すべての財産を配偶者に渡すことができます。 残された配偶者ときょうだいとの今後の関係性にも配慮したいときは、付言でメッセージを残す工夫が考えられます。 あわせて読みたい→配偶者 […]