遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています
TAG

争族対策

特別受益について考慮したい

付言事項すでに〇〇には住宅購入資金を援助しているので、その分を考えて公平になるようにしました。この趣旨をよく理解して、私の遺言を尊重し、兄弟で助け合っていってくれることを望みます。 遺言者は、長女〇〇および長男△△に対して行った次の援助を特別受益として考慮して、本遺言の相続内容を定めた。(1) 長女〇〇  XX年X月X日に結婚資金として200万円(2) 長男△△ XX年X月X日に事業資金として80 […]

前妻との間の子への付言

【前妻との間の子X】へ 【X】の姿を最後に見てからもう何年経つだろうか。 父として何もしてやれなかったことが心残りですが、きっと立派にやっていると信じています。 どうか父の遺言をたがえることなく幸せに暮らしてください。

不動産を特定の子に相続させるときの付言

私が所有する不動産を【長女X】に相続させるとしたのは、長きにわたり【長女X】が住み続け、修理費等の費用もすべて【長女X】が払ってきたからです。 その代わりに【次女Y】には預貯金を多めに相続させることにしました。 完璧ではないかもしれませんが、私なりにできる限り平等にしたつもりです。 どうか私の意思をくみ、仲良く助け合って生きていってほしいと切に願います。

特別受益の持戻しを免除するときの付言

【生前贈与を受けた子X】には住宅購入資金を援助していますが、私と同居して世話をよく見てくれたので、その苦労に報いるため生前贈与を持ち戻さないことにします。 他の子は不満があるかもしれませんが、どうか許してください。私の思いを尊重してくれることを望みます。

生前贈与を受けていない子に多く残すときの付言

【子X】にはすでに住宅購入資金を援助しているので、その分も考慮して公平になるように分けたつもりです。 この趣旨を理解して、兄弟で助け合っていってくれることを望みます。 平成〇〇年頃に長男〇〇が自宅を購入したとき、私は〇〇〇万円を贈与しました。この生前贈与を考慮して、遺言ではこのような財産配分としました。熟慮のうえでの配分ですので、皆さん気持ちよく受け取ってください。

配偶者の世話を条件に特定の子に財産を残すときの付言

長女【X】には、妻【Y】が生活に困まることのないように面倒を見てほしいと思います。 その負担を考慮して【X】には長男【Z】よりも多くの財産を残すことにしました。長男【Z】には申し訳なく思っていますが、どうか私の願いを理解してください。

配偶者に全財産を残すときの付言

子どもがいるケース わたし亡き後も【妻X】が生活に困らないようにわたしの財産はすべて【妻X】に遺すことにしました。 子どもたちはそれぞれ立派に独立しているので、遺産がなくてもしっかりやっていけると信じています。 わたしの思いを尊重して、家族仲良く幸せに暮らしてください。 子どもがいないケース きょうだいがいる わたし亡き後、【妻X】が生活に困らないよう、わたしの財産はすべて【妻X】に遺すことにしま […]

全財産を息子に残す

私が持っている別紙1の財産のほか一切の財産を長男○○○に相続させる。 MEMO 別紙には財産目録を作成し、各ページに署名捺印をします。不動産の全部事項証明書のコピー、預金の通帳のコピー、証券会社の残高証明書の添付も可能ですが、各ページに署名捺印が必要ですので、枚数が多いと手間がかかります。

音信不通の相続人に残す付言

【音信不通の長男○○】へ 【音信不通の長男○○】と連絡が取れなくなって、とても心配しました。あなたの帰りを待ち望みましたが、残念なことにこの願いは今でも叶っていません。 母さんの面倒は【次男○○】が見てくれるそうです。そこで私の遺産は母さんと【次男○○】で分けることにしました。 不満はあるかもしれませんが、私の意を汲み取り、遺留分侵害額請求などを行わないことを願っています。 MEMO 音信不通の相 […]

お嫁さんに財産を残すときの付言

【子X】、【子Y】、【お嫁さんZ】へ みなさんは私にとって大切な家族です。ですから財産は平等に分けました。 【お嫁さんZ】は私の身の回りの世話をよくしてくれました。私は心から感謝しています。その証としてこのような遺言を残すことにしました。 【子X】と【子Y】は不満があるかもしれませんが、許してね。どうか私の意を汲み取ってください。 【お嫁さんX】は私の世話をよくしてくれて本当にありがとう。 感謝の […]