遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています
TAG

遺贈寄付

子が世話になっている障害者施設に寄付するときの付言

私の遺産は、家族に相続させる以外に、ほんの一部ですが、知的障害のある長男がお世話になっている社会福祉法人〇〇〇〇に、感謝の気持ちを込めて遺贈寄付することにしました。 注:本文例の作成にあたっては 一般社団法人 全国レガシーギフト協会の「付言事項の文例集」を参考にさせていただきました。

教育者が勤務先に寄付するときの付言

以上のような遺言の内容にした理由を少し説明します。 私は教育者として生きてきました。職場で出会った方々のおかげで、本当に幸せに働くことができました。 このような職場を与えていただいた〇〇大学に、感謝の気持ちとして、わずかではありますが寄付をしたいと思います。 皆さん、私のこの思いをどうか理解し、尊重してください。 注:本文例の作成にあたっては 一般社団法人 全国レガシーギフト協会の「付言事項の文例 […]

遺産を地域のために役立てて欲しいときの付言

私は会社を退職後、町内会やボランティアの活動に力を入れてきました。 ささやかですが、私の遺産の一部を〇〇コミュニティ財団に遺贈寄付したいと思います。 地域の皆さまのために役立ててください。 注:本文例の作成にあたっては 一般社団法人 全国レガシーギフト協会の「付言事項の文例集」を参考にさせていただきました。

遺贈寄付で相続人が遺留分侵害額請求をしないようにしたいときの付言

私が【NPO法人X】に寄付したのは、子どもたちを人身売買の被害から救う団体を応援したいと思ったためです。 自分の相続分が少ないと感じるかもしれませんが、私の思いを汲み取り、遺留分侵害額請求をしないようにお願いします。 注:本文例の作成にあたっては 一般社団法人 全国レガシーギフト協会の「付言事項の文例集」を参考にさせていただきました。

全財産を母校に寄付する

私の全財産を換価処分し、その代金をもって、葬儀の諸費用の支払い、私の一切の債務の弁済、およびこの遺言の執行に要する一切の費用の支払いに充てた上で、その残金を私の母校である学校法人○○○○(○○県○○市○○町1-2-3)に遺贈する。 解説 この遺言の場合、遺言者の死後、遺言者に代わって財産の売却をする人が必要です。 予め遺言で遺言執行者を指定しておきましょう。