遺贈寄付/おひとりさま/おふたりさま/内縁関係/事実婚/同性婚/ペット/配偶者居住権など様々なケースに対応しています

遺言書の書き方見本

遺言書保管制度を利用して法務局に預けるときの見本です。

自筆証書遺言書の様式

遺言書見本1

 Point

  • 遺言書は自分で手書きする
  • 住所は必須ではないが、書いたほうがよい
  • 朱肉を使う印鑑を押す
  • 複数ページにわたるときは綴じずに提出する

MEMO

法務省のホームページで所定の余白が設定された書式をダウンロードできます。

最も基本的な遺言書の見本


遺言書見本2

 Point

  • 法定相続人の生年月日は必須ではないが、書いたほうがよい
  • 法定相続人以外の人に財産を残すときは、生年月日・住所を書く

別紙を添付する場合の遺言書の見本

遺言書見本3-1

MEMO

遺言書の訂正について

遺言書の訂正には特殊なルールがある。

遺言書の訂正の方法(法務省ホームページ

ルールに則ってないと遺言書が無効になるおそれがあるため、できれば一から作り直すほうがよい。

遺言書の失敗は取り返しがつきません
自分で書く場合でも一度は専門家のチェックを受けましょう
オンラインで遺言の相談ができるweb遺言相談室はこちら